YNFP 横浜国立大学フォーミュラプロジェクト team Beaujolais ウェブサイト

富士合同走行会

2010年08月07日

YNFPは8月2日から4日にかけて富士スピードウェイで行われる富士合同走行会に参加してきました。

大学では期末テスト中のため現役のメンバーがほぼ参加できないので先輩方にも参加していただくことになりました。

1日目

車検を一発で通るように整備をしていたのですが、残念ながら一発で通ることはできませんでした。さらに、このままでは大会で走行できないという致命的なミスも発覚しました。

とりあえずは、車検で指摘されたところを修正し、次の日の車検に備えました。

2日目

前日に修正した箇所は無事に技術車検を通り、その後のチルト騒音車検も通りました。

次にブレーキテストですが、こちらは走行会前日に行ったブレーキテストでもなかなか思うようにいかず、富士でも同様にうまくいかなかったそうです。なんとかドライバーの技で通らないかと、何度かテストを行ううちにブレーキペダルステーが破損してしまい、急遽修理工房へ。

先輩たちにより1時間あまりで修理が終わり、次のブレーキテストに備えてるところに、その後のブレーキテストもなかなか思うようにはいかず、いろいろと試行錯誤してようやくブレーキテストをパスすることができました。

この時点で時間はすでに3時を回っており、アクセラを行うことがでず、残りの時間はスキパ練習に費やすこととなりました。しかし、燃調はあっておらず、シフトの入りも悪く、度々起こる突然のエンストと散々な状態だったため、データ取りどころではなく、スキパ練習もあまりできませんでした。

3日目

アクセラの会場近くの坂で車両が自走して登るとき、前日同様シフトの入りが悪く、突然のエンストも起こりました。ようやく坂を登りだしたかと思うとドライバーがステアリングを離すと車両が曲がる…。という状況だったのでアクセラは2本だけ走って早々にその場を引き上げました。

今回の走行会のメインとなる周回走行にようやくこぎつけることができましたが、車両が散々な状態であったためピッドで整備を。いざ出発というときには雨が降り出し、路面はウェットとなりタイヤ交換を強いられることに。タイヤを履き替え周回走行の会場につくと路面はすでにドライ。またしてもタイヤ交換。ようやく周回走行が走れると思ったら前日からのトラブルがでたり、並んでる大学が多くなかなか走れなかったり。結局、周回走行を走れたのはわずかでした。

次回の茂木での走行会までには今回指摘されたところ、トラブルがでたところを修正し、車両の完成度を高めて行きたいと思います。

(パワートレイン班リーダー:齋藤 昴)

横浜高周波工業株式会社様に浸炭焼入れを行って頂きましたニューストップアルキャンハンズ様にクラッチワイヤーを特別価格で支援して頂きました

ページTOPへ