YNFP 横浜国立大学フォーミュラプロジェクト team Beaujolais ウェブサイト

Nowadays

拝啓


末枯野美しき晩秋の候、皆様におかれましては、ますますご健勝にお過ごしのことと存じます。

さて、本日は本学学生の皆様も気になるであろう、私の進学状況について書き綴って参ります。現在私は大変危機的な状況に陥っており、やもすれば留年をしてしまいます。
というのも、私は先週の欠席により、化学実験の授業に2回欠席してしまいました。本学の授業制度として、化学実験の授業では、1回欠席した場合は、後に補講として行われる再実験に出席することで埋め合わせができます。しかしながら2回以上欠席した場合は、再実験で賄えないために、一般的には留年が確定してしまいます。つまり、私は留年が確定してしまっていたのです。
なので、先週に化学実験の授業に欠席してしまった時に、
"取り返しのつかないことをしてしまった。"
"私の人生の歯車は完全に狂ってしまった。"
と思っていました。

それから1週間が経ち、2019/11/08(金)(今日)の午後1時、私は化学実験の落単を覚悟して落胆しながら化学実験の授業を受けに行きました。落胆のあまり、実験の内容が全く頭に入ってこなかったので、実験のパートナーに履修計画表を見せながら自らの履修計画の相談をし始めました。すると驚くべきことに、私のパートナーは10分もしないうちに、私が留年せずに卒業できるプランを提案してくれて、それこそが唯一の留年回避法でした。

その授業後、帰宅のためにバスに乗っている時に、どのようにして私のパートナーはあれほど早く私の留年回避への最適解を導くことができたのかと考えました。バスが三沢上町駅にさしかかったときにはっと気づいたのです。

なんだ。今日は私の誕生日じゃないか、と。

略儀ながらメールをもちまして挨拶を申し上げます。
また、お手数ですが、布施様にもよろしくお伝え願います。


敬具

柏川元希 Vol.5Nowadaysトップ今やるべきこと

ページTOPへ

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30