YNFP 横浜国立大学フォーミュラプロジェクト team Beaujolais ウェブサイト

活動内容

活動目的

私たち横浜国立大学フォーミュラプロジェクト(Yokohama National university Formula Project:YNFP)は、2003年11月に有志の工学部生4名によって始まったプロジェクトです。「教室の中だけでは学べない多くのことを学ぶ」、というアメリカFormula-SAEの思想に共感し、立ち上げられました。
現在はそのFormula-SAEの思想を達成すべく、また一競技団体として、日本をはじめ世界各地で開催されるFormula-SAE大会、通称「学生フォーミュラ大会」に参戦するべく活動しています。

活動内容

YNFPの活動内容は学生フォーミュラ大会に参戦するための競技用マシンの設計・製作・チューニングが大部分を占めます。しかし、チームの円滑な運営のために会計・広報・渉外などの活動も合わせて行われており、ただ速いレーシングカーを作るだけでなく、さながら企業のように、組織の管理能力を磨いていくことを重要視しています。

1年間の活動の流れ

YNFPの1年は9月に行われる日本大会を1つの大きな区切りとしています。大会直後には早速次期マシンの設計案の話し合いが行われます。

製作中続いて秋から冬休みにかけての期間でマシンの設計をあらかた終わらせ、製作活動に順次移ります。製作は大学の機械工場をメインに、ときにはスポンサーの方々の支援もいただきながら行います。

サインボード「シェイクダウン」春にはマシンも完成し、テスト走行を行っていきます。大学内やカート場などの学外で走行テストを行い、不具合の洗い出しやチューニングを行っていきます。また、デザインレポート・コストレポートと立て続けに静的審査関連の提出物があるので、そちらにも大きく人数を割いて点数を取りに行きます。

テスト走行中夏に入れば大会も見据えてテストを実施していきます。マシンが安定した性能を発揮するようになってくるので、走行メニューもドライバー練習を重視するようになってきます。また合同走行会などの本番に近い形式の走行会にも参加します。

そして大会で1年間の全てをぶつけ、YNFPの1年も終わります。

目標

私たちの目標は、日本大会での総合優勝と海外大会への参戦です。

もちろん当初はこれらの目標達成には程遠い位置にいました。しかし、大会への参戦を重ねるごとにチーム力とマシンの性能を磨いてきた結果、ここ数年はどの競技でもトップクラスの戦いをするようになり、いよいよ総合順位でも頂点をうかがえるところまでやってきました。ですので、次こそ本当に日本大会総合優勝を達成し、さらには日本大会よりもレベルが高いとされている海外大会参戦に挑戦していきたいと考えています。

なぜなら、競技者として高みを目指すのは当然であるし、私たちを応援してくれている多くの方々の声に応えるためにも、そして、Formula SAEの「教室の中だけでは学べない多くのことを学ぶ」という思想に共感することを示すためにも、実績を残すことが最良の手段だと考えているからです。

大会後の記念撮影

ページTOPへ