YNFP 横浜国立大学フォーミュラプロジェクト team Beaujolais ウェブサイト

コスト審査

目的・概要

コスト審査目的は以下の2つです。

  1. どんな製作作業においてもコストが必ず考慮を要する重要な要素であることを学ぶ
  2. 参加者が購入した部品の製造技術および製造過程を学ぶ

採点は、事前に大会委員会へ送付してある「コストレポート」を基にした情報と、大会時の質疑応答によって行われます。

配点

満点は100点です。

内訳:マシンの価格:40点/目視審査:40点/製造プロセス説明:20点

マシン価格の得点算出公式
40×[(Pmax)/(Pyour)-1]
(Pmax)/(Pmin)-1

※Pyour=そのチームの価格、Pmin=最安チームの価格

マシン価格については最も安い車両を製作したチームが40点を得ます。以降のチームは最も安かったチームとの相対的評価によって点数が決められます。

その他の審査は、審査員によって行われる価格の妥当性のチェックや質疑応答における正確性などが評価されます。

見どころなど

コスト審査コスト審査で良い成績を収めるためには設計段階から使用する材料や加工方法に気を使わなくてはなりません。そのため、デザイン審査と並んで最も早い段階から勝負の始まっているイベントと言えるでしょう。

また、アクセラレーションやスキッドパッドより配点が大きいため、総合順位でいい位置を狙うなら決して軽んずることのできないイベントです。

これまでの成績

  • 2012年:8位(70.98点)
  • 2011年:4位(80.9点)
  • 2010年:10位(61.6点)
  • 2009年:2位(85.1点)
  • 2008年:5位(68.1点)
  • 2007年:20位(68.64点)
  • 2006年:24位(54.1点)
  • 2005年:22位(49.8点)
ページTOPへ