YNFP 横浜国立大学フォーミュラプロジェクト team Beaujolais ウェブサイト

プレゼンテーション審査

目的・概要

プレゼンテーション審査プレゼンテーションは、チームの開発能力および意見を述べる能力を評価するものです。

そのチームの開発したマシンが市場の需要に応えており、製造することで利益が上がるということをメーカーの重役に対してプレゼンテーションをし、開発の承認を得るという場面を設定して行われます。

配点

満点は75点です。

得点公式
75×
Pyour
Pmax

※Pyour=そのチームの得点、Pmax=全チーム中の最高得点

最も良いプレゼンテーションを行ったチームが75点を得ます。以降のチームは最も良かったチームとの相対的評価によって点数が決められます。

見どころなど

プレゼンテーション審査 プレゼンテーションは、内容・意見の述べ方・審査官の質問に対する回答のみならず、理路整然と行なわれていることや視覚的狙い、といった点に基づいて評価されるため、車両の設計・製作とは異なるスキルも要求されます。

したがって、マシンの性能の違いがそのまま得点の差につながるわけではなく、どのチームにもチャンスがあると言えるでしょう。

これまでの成績

      
  • 2012年:4位(63.16点)
  • 2011年:6位(56.25点)
  • 2010年:3位(67.50点)
  • 2009年:3位(67.11点)
  • 2008年:3位(67.5点)
  • 2007年:1位(75点)
  • 2006年:11位(56点)
  • 2005年:10位(58.9点)
ページTOPへ