YNFP 横浜国立大学フォーミュラプロジェクト team Beaujolais ウェブサイト

スキッドパッド

目的・概要

スキッドパッドスキッドパッドは平らな路面に作られた一定半径の円を旋回し、車両のコーナリング性能を測るものです。
2名のドライバーが直径15.25mの円を右回り左回りそれぞれ1本ずつ計4周走り、右回りで速かったほうのタイム、左回りで速かったほうのタイムを平均したタイムで争われます。

配点

満点は50点です。

得点公式:
47.5 ×
(6.184/Tyour)2-1
(6.184/Tmin)2-1
+2.5

※Tyour=そのチームのタイム、Tmin=最速チームのタイム

左側の項をパフォーマンスポイント、右側の項を完走ポイントとしています。

パフォーマンスポイントについては、最速だったチームが47.5点を得ます。以降のチームは最速チームとの相対的評価によって点数が決められます。
ただし1周6.184秒(このときかかる側面加速度は0.90G)より速く走ることが望ましいとされていることから、6.184秒を超えるとパフォーマンスポイントは0になってしまいます。
(パフォーマンスポイントは式の上でマイナスになっても0点とされます。)
しかし、1周6.184秒以上かかった場合でも完走ポイント分2.5点がスキッドパッドの点数として与えられます。

補足:コースを形作る「コーン」を倒したチームは、ペナルティとしてコーン1個につき0.25秒、タイムに加算されます。Tyourはこのペナルティ等の補正がかかった後のタイムです。

得点計算フォーム

以下に各タイムを入力すると得点が計算できます。

あなたのチームのタイム 
最速チームのタイム 秒(2008年:4.982秒)

あなたのチームの得点は点です。

※遅すぎるとマイナスの点が表示されますが、実際には上記の通り、2.5点がもらえます。
※公式結果のタイムは小数点以下4桁までで計算していることがあるので、表示点数と公式点数とで若干のズレが生じることがあります。

見どころなど

スキッドパッド旋回性能を見る競技なので、やはり足回り関係のポテンシャルがタイムに大きく影響します。
しかしコーンを倒してしまうと大きくロスになるので、最後まで結果がどうなるのかわからない競技です。

これまでの成績

  • 2012年:8位(39.84点)
  • 2011年:6位(39.66点)
  • 2010年:5位(21.10点)
  • 2009年:6位(35.21点)
  • 2008年:7位(37.73点)
  • 2007年:10位(30.53点)
  • 2006年:13位(3.15点)
  • 2005年:17位(7.50点)
ページTOPへ